取り付けについて

エアコンを購入した場合に、意外と気をつけないといけないのがエアコン工事です。ただ、金額の安い業者の場合、雑な仕事をされる危険もありますので注意しなければなりません。

» 詳しく読む

リフォームの色々

リフォームというと、部屋全体をしないとというイメージもありますが、一部だけのリフォームというのもできるのです。また、自分の好みでのデザインも可能になっています。

» 詳しく読む

トラブルの解決

お子様がおられるご家庭では、「防音」の問題が気になります。そのため、防犯グッズを活用して、騒音問題をしっかり解決していくと良いです。多くの防犯グッズがあります。

» 詳しく読む

お家を守る

ホームセキュリティの中にはいろいろな商品を提供している場合があります。単純に、自宅に設備を導入するだけでなく、防犯性を高めるためのアイテムを販売していることもあるのです。

» 詳しく読む

地震に備える

スタイリッシュな設計のリフォームを茅ヶ崎で行なえます。環境に適した作り変えをすればまた長く住める家になります。

古い住宅の耐震リフォームは重要

古い住宅に住んでいる場合、なにかと心配になるのが耐震性です。日本の木造住宅の耐用年数は30年と言われていますが、この30年という数字は地震と大きく関わりがあります。つまり、30年前の建物では地震が来た時に倒壊してしまう恐れがあるため、30年サイクルで建て替えをすることが一般的になっているのです。実際に今から35年ほど前の住宅は大きな地震には耐えられない住宅が多いことはよく言われていることです。 しかし、建て替えは2000万円前後のお金がかかります。例えば30年ローンを組んで住宅を購入して、30年後にローンを払い終えた時に住宅を取り壊しまた建てかえるのはお金がかかりすぎます。そこで耐震リフォームという方法があります。

その重要性について知っておこう

耐震リフォームとは、住宅の耐震性を上げるものですが、その種類はいくつかあります。例えば、住宅の壁に耐力壁という壁を造り、木材を十字にしたものを入れておくだけで地震に対する強度が変わってくると言われています。また、大きな地震が来ると、柱と柱のつなぎ目がすっぽ抜けてしまうこともあります。柱がすっぽ抜ければ住宅が倒壊する恐れがあります。そこで、柱と柱のつなぎ目を金具でつなぎ、柱がすっぽ抜けないように補強するのです。それ以外にも、建物と基礎をつなぐ部分を固定して、基礎から建物が分離しないようにすることも可能になります。 このような耐震リフォームはお金がかかりますが、阪神淡路大震災の時の死因の8割が住宅の倒壊による圧死だったことを考えると耐震リフォームの重要性もわかるのではないでしょうか。